読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

27歳うつ病ニートのポジティブに生きたい

生きづらいけどポジティブに毎日をおくることを目標としています

検査行ってきました

こんばんはー

 

昨日は病院へ行き、発達障害の検査をしてきました。

検査と言ってもWISCという知能テストを用いた検査でして、一つの分野につき20問程度のテストをいくつか受けてきました。残りは次回だそうです。

 

当初は面倒くさいから一日で済ませてくれよーなんて考えていたのですが、とんでもない!最後の方は満身創痍な状態で臨んでいました笑

 

時間にしてみれば二時間程度でしたので、たいした長さではなかったのですが、普段は眠っているであろう頭を使い非常に疲れました笑

 

 

さて、テストの出来の方ですが…

結果を待たずともアスペルガーの可能性が濃厚だろうなと言った感じでした\(^o^)/

 

とにかくテストの分野による得意不得意の差が激しくて、得意な分野は20問目の最後の難しい問題までスラスラと解くことができるものの、苦手な分野は最初の5問目くらいからつまづいてしまうと言った感じでした^q^

 

 

ちなみに得意だったのは、1→◯ 2→◇といったように数字に対応した図形を覚えるものと、見本の通りに積み木を並べる問題。

 

逆に苦手だったのは「1+1は?」といった簡単な算数の問題を先生の口頭から問われる問題と、間違い探しの問題でした(ドアノブのないドアのイラストを見て、間違っているところを答えなさいといったように)。

 

 

苦手な方の分野は思い起こしてみれば心当たりがたくさんあって、左右別々の靴下を履いてきたり、隣の席の子の文房具を持って帰ってくるなんてことはしょっちゅうありましたし、テストもケアレスミスばかりでした。

また授業を聞いていても内容があまり入って来ず、もっぱら教科書を読んで学習をしていました。

 

 

私は幼少期より周囲の大人からは努力がたりない、気持ちの問題だと言われ続け、自身もそうであると思い自分を責め続けてきました。

しかし人生につまづいてしまった今、改めて自分の生きにくさの原因は何なのか、自分は何者なのかを知りたくて受診をしました。

まだ診断の結果は出ていませんが、それが少しだけ掴めたような気がします。正直自分の努力では補えないところが露わになるようで怖いという気持ちもありましたが、受けて良かったです。

 

 

とは言ってもまだ二回検査は残っているので、残りの検査も面倒くさがらずに笑、前向きに受けようと思います。

 

それではこのへんで。おやすみなさいー