読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

27歳うつ病ニートのポジティブに生きたい

生きづらいけどポジティブに毎日をおくることを目標としています

寝る前に読んでいる本

最近は就寝前になるべくスマホをいじらないように心がけています(日記は別です笑)。その代わりに本を読むようにしています。


今日は私が読んでいる本を紹介したいとおもいます。


こころがやすらぐ本―自分のちからを信じよう

こころがやすらぐ本―自分のちからを信じよう


ルイーズ・ヘイさんのこころがやすらぐ本です。
こちらはアファメーションを取り扱った本になります。


アファメーションとは自分に肯定的な言葉を投げかけて良い変化を起こそうと言う考え方です。



と、書くとなんだかスピリチュアルな雰囲気がしてきて敬遠されそうですね笑

けれども、20歳になるまで親からたくさん褒められてきた子どもと、ずっと叱られてばかりきた子ども。
両者がそれぞれどんな大人になるのか想像してみると、少し怖くなりませんか?

自分に投げかけられる言葉がその人の人格形成に大きく関わってくると言うことを、実感していただけるのではないかとおもいます。


ちなみに日本人が頭の中で呟く独り言の七割はネガテイブな内容らしいですよ。
そりゃみんな病むはずです/(^o^)\



そこでアファメーションの出番というわけです!(宣伝)

特に私は若干アスペルガー的な特性を持っていること、祖父母が異常に厳しくアダルトチルドレン気味なことから異様に自己肯定感が低く、いつも自分に自信がありませんでした。

しかし、この本を読んでアファメーションを試してみたところ、徐々に気持ちが安定してきました(この日記で言うところのバイトの面接を受けたり検定を受けたあたりです)。


将来に対して漠然とした不安を抱いている方や、私のように幼少期の経験から自己肯定感が低い方、未だに親が許せない(親離れができていない)方は是非この本を読んでみていただきたいです。



ちなみに私は何冊か自己啓発本を読んできましたが、この本を特に気に入っている理由があります。

それはとにかく手軽だと言うこと!


心が疲れてしまうと本を読むのにすごい体力を使いますよね…
それに、自己啓発本って読んだ時はなるほど〜と思うのですが、実行するのにはすごく気力を使います…
正直これだけの厚さの本を読めて、なおかつ実行できるくらいの気力があるなら、最初からこんな本読んでないわいと何度思ったことか^^;


その点、こちらの本は1ページに数行程度の文字量ですし、ただ読むだけで心がやすらぎます。
私なんて3ページ読んだだけで眠りにおちます^q^
少しでも気になりましたら、読んでみていただきたいなと思います( ^ω^ )