読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

27歳うつ病ニートのポジティブに生きたい

生きづらいけどポジティブに毎日をおくることを目標としています

久々に今日の日記

久々に今日の日記を書こうと思います。


・税務署に行って確定申告を済ませることができた。

・夕飯が大好きなもずくだった笑

・親が私のお気に入りの天然酵母のパン屋さんでパンを買ってきてくれた。

・寝癖直しやワックスなど生活雑貨を買ってくることができた。


税務署は混んでいましたが、確定申告を済ませることができたのですっきりです^ ^

ララランド観てきました

こんばんは〜


土曜ですが、ララランド観てきました!

前日まではブルーレイでも…なんて思っていたのですが、とんでもない!

素晴らしい映画でした!

特に冒頭10分だけのために映画館に足を運ぶ価値のある映画だと思います^ ^


甘く切ないストーリーでして、終了10分前までは絶対にもう一回観る!最高の映画!と思っていたのですが、残り10分で切なすぎる…もう一度観るのはしんどい…となりました(豆腐メンタルなので笑)


そう思えるほどに感情移入できる。よく出来た映画でした。

もちろんもう一度観ようと思っています笑



私は恥ずかしながらアマゾンレビュー等でハッピーエンドかどうか確認してから映画を観ると言うことを良くするのですが、ララランドに関しては事前情報無しで観に行きました。


結末は大衆が望むであろうものと反したものであり、切ない幕引きでしたがそれでもいい。むしろがそれがいい。それがこの映画の魅力だと感じました。


文句なしのハッピーエンドもいいですが、そうでない結末も作品に奥行きが感じられるといいますか、自分の世界が広がったような気がしていいものですね。



色々と書きましたが、元気をもらえる映画ですし、ミュージカルのシーンや鮮やかな色彩の画面を見ているだけでも楽しいので、お時間の許す方は是非見ていただきたいと思います^ ^


それではまたー

ララランド

こんばんは〜


昨日は朝の四時に起きて出かけましたので生活リズムが崩れたのか一日中眠かったです\(^o^)/

サイトもほぼ完成したことですし今日くらいは良しとします笑


まだ修了まで二週間あるので二つ目のサイトを作ろうかと考えています^ ^




色々と区切りがついたので、明日は映画を観に行こうかと思います。


候補はララランドと彼らが本気で編むときはなのですが、ツイッターで少し検索してみましたら、ララランドは意外とシビアな内容なのだとか?


てっきりミュージカル映画なので歌って踊ってハッピッピ〜✌︎('ω')✌︎な内容だと思っていたのですが、どうやら少し違うようです。


やっぱりミュージカルは元気がでる内容が良いので今の所は彼らが本気で編むときはが優勢です笑


観たい映画が重なっていてどちらを観ようかなんて贅沢な悩みですよね^ ^



それでは明日に備えて早めに寝るとします。おやすみなさい〜

卒業式

卒業式行ってきました!
直前まで主席しようか迷っていましたが…
生徒たちの晴れ姿を見たら本当に主席してよかったと思いました(^ ^)

何より途中で辞めた私に対しても、保護者の皆さまから温かいお言葉をかけていただき感無量でした。

この先の人生こんなに感謝されることなんてもうないんじゃないかな笑

卒業式に誘っていただいた副担任の先生には本当に感謝です。


職業訓練校の方では就活が解禁されましたので、早速応募してみました。

非常に応募数が多いので書類も通るかわかりませんが、とりあえず送るだけ笑

履歴書を書きためたり、求人情報を調べたりとなかなか忙しい日が続きますが、今回のことで自分の中でなんとなく区切りがついたので、ほどほどに(笑)頑張ろうかと思います(^ ^)

トイレット

トイレット [DVD]

トイレット [DVD]

こんにちは〜
荻上監督の作品の中ではまだ未視聴でした、
こちらのDVDを観ていました^ ^


あらすじとしては、母親を亡くした三人の兄弟がばあちゃんとの交流で自分を見つめ直すと共に、兄弟の絆を取り戻していくと言うストーリーです。

と、ストーリーだけ見ればわりと普遍的なお話ですが、荻上監督の作品は全編を通して静かな優しい空気(それと謎の長い間によるシュールさ笑)に包まれており、それが作品を唯一無二のものにしています。

また、主演のもたいまさこさんの演技も素晴らしいです。台詞のほとんどない役柄なのですが、飄々としていて、可笑しくて、だけど兄弟のことをよく見ていることが伝わってきます。私は特にモリーくんの初めてのお使い(笑)を窓から見守る表情が好きですね^ ^


そんな荻上監督の作品なのですが、どことなくアンチスローライフ?な雰囲気があることも私が気に入っているポイントです

ここで言うスローライフとは、ちょっと疲れたから南の島に旅行とか農業体験をしようだとか意図して作られたスローライフと言うのでしょうか。
語彙力不足でうまく説明できないのですが、監督はそう言ったものを否定されているのではと思います(前作のめがねは露骨でしたが)。


私も退職した当初は何かと親が気を使って旅行につれだされたりしたのですが、疲れるばかりでまったく楽しくありませんでした(ごめん笑)

それよりもちょっと近所を散歩したり、気になるパン屋に少し時間をかけて出向いたり、時間をかけて普段掃除しないところを綺麗にしたり…そんな日常を送ることの方がずっと楽しかった。
監督の作品はそんな何気ない日常をとても大切にされているように思います。



また話の要旨がわからなくなってきましたが笑、ちょっと立ち止まって一息つきたい方は、是非このトイレットと言う作品を見ていただきたいと思います^ ^
荻上監督の作品は一度はまってしまうとクセになりますよ笑

それではまた〜

卒業式

それでも町は廻っている(16) (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている(16) (ヤングキングコミックス)

こんにちは〜
今日は家事をしたりそれ町を読んでいました^ ^

それ町も最終巻なのですね。
歩鳥達の日常はいつまでも見れるものだと思っていたので寂しいですね…
でも最終巻の内容は本当に素晴らしかったので、これが読めるのなら終わっても仕方がないのかなとも思いました笑

特に少し大人になった(?)紺先輩の話がお気に入りです。
人間不信になるきっかけとなった先輩を訪ねる場面にはジーンときました。



今週は体調は良かったのですが、一つだけ心に引っかかっていたことがありました。

それは卒業式に出席をするかどうかという事です。

私は前職は教育関係の仕事をしていました。
しかし、体調を崩してしまい学期半ばで退職しました。

職場の方にも生徒さんにもたくさん迷惑をかけました。
けれどもこの選択について、まったく後悔はしていません。
そうしなければ今こうしてブログを書くこともなかったと思うので…


そのような中、当時の副担任の先生から式の出欠について電話をいただきました。

生徒さんの晴れ姿は見たいけれど学期半ばで去った自分が出席する資格はあるのだろうか。
やっと前にすすめそうなのに、自分を退職まで追い込んだ人の顔をまた見なければいけないのか。
そんな人に負けてしまった自分に向き合わなければいけないのか。


多いに悩みました。悩みましたが、出席することを決心しました。

紺先輩のように逃げているよりも過去に向き合うことで、それを良い思い出にすることが出来ると思ったからです。
そしてそのタイミングは今しかないと思いました。

なんだか自分本位な理由ですが、私が出席することによって、人間わりと元気に生きていけるよということを伝えられたらと思います笑


なんだか話が飛びまくりなうえに自己満足な内容になってしまいましたがこのへんで^ ^

検定

こんばんは〜


今日は日商PC検定データ活用二級の検定日でした。

こちらの検定はプログラムが自動採点してくれるので、検定終了後にすぐに結果がわかるのですが、結果は無事に合格でした^ ^


私はエクセルが結構好きなのですが、これでエクセルの授業は終了ですので少し寂しいです笑



あとはweb制作なのですが、基本的にわからないことは自分で調べてやりましょうという形なので海外のサイトをなんとか読み解いて四苦八苦しながら進めております(*_*)


どなたか現役のデザイナーの方にいらしてもらって、その場でアドバイスをしてもらいたいですね笑


それでは今日も眠いのでこのへんで〜